目の充血治し方WEB

目の充血治し方WEBでは、白目が真っ赤になってしまうこともある目の充血の症状や原因、また病気について説明し、また目の充血の治し方をわかりやすく紹介しています。

 

突然目が真っ赤になってびっくりしてしまった方も、慌てずに原因や対処方法をチェックしてみて下さいね。

 

このページの目次

目の充血ってどんな症状?

目の充血

目に関するトラブルの中でも、比較的起こりやすいのが目の充血です。ほとんど誰にでも経験が有るのではないでしょうか?

しかし、目の充血とはどんな症状なのか、詳しく知っている人は多くないでしょう。
ただ、漠然と目が赤くなるだけだと思っている人も多いです。
まずは目の充血がどんな症状なのか、ご説明しましょう。

 

目の充血の仕組み

目の充血は、白目の部分が赤くなります。
鏡を見て驚いたことのある人もいるでしょう。
白目の部分は、結膜という薄い膜に覆われています。
結膜は、普段は白く見えますが実際にはその表面の近くにたくさんの細い血管が通っているのです。
充血というのは、この細い血管が何らかの理由によって膨らみ、浮き出る事によって白目の部分が赤く見える状態の事なのです。
充血には結膜充血と毛様充血の二種類があります。

 

結膜充血とは

白目の周辺部が赤くなることが多く、まぶたの裏側なども充血している場合は結膜充血の可能性があります。
結膜充血では目やにや涙が一緒に出ることもあり、白目が鮮やかな赤色になります。
この充血は、細菌やウイルスなどの異物によって結膜炎を起こしている場合などによく起こります。
その他、目が疲れたり、乾燥したり、コンタクトレンズを長い時間使ったりなどの目の酷使によっても起こることがあります。

 

毛様充血とは

毛様充血は結膜充血と違って黒目の周りの充血がひどいのが特徴です。
黒目から離れると充血は薄らいでいき、まぶたの裏側まで充血する事はありません。
涙は出ることがありますが、目やには出ません。
この充血は、角膜や強膜、ブドウ膜などの炎症によって起こるものです。

 

結膜下出血

充血と同じように目が赤くなるものに、結膜下出血があります。
充血は目の血管が膨らんで目立つようになるために赤く見えるのに対し、結膜下出血は結膜の下にある血管が破れて出血するために起こります。
白目の中に赤い点が有るように見えます。
痛みや痒みを感じる事はありません。
原因は様々ですが、長期間経っても治まらない時は眼科を受診するようにしましょう。

目の充血の原因は?

充血は白目にある結膜の下の血管が膨張する事で目が赤く見える症状ですが、どうしてこのような事が起こるのか、その原因についてご説明します。

 

眼精疲労

眼精疲労

スマホやパソコンを長時間使う人が増えています。

これらの機器を使っている時、私たちの瞳はまばたきの回数が減っているのです。
通常は1分間におよそ15回のまばたきを行っていますが、スマホやパソコンを使っているとまばたきの回数はその3分の1にまで減ってしまう事もあるのです。
まばたきをすると目を保護する油が分泌され、目の表面に油の膜が張り、水分の蒸発などを防いでくれるのですが、まばたきの回数が減ると油の膜が途絶えてしまい、目が乾きやすくなって眼精疲労やドライアイになり、充血するのです。
また、寝不足が続いている時にも眼精疲労になり、目が充血してしまう事があります。

 

コンタクトレンズ

コンタクトレンズを付けると目が乾きやすくなってしまうので、充血しやすくなります。
また、レンズの汚れや交換期限が過ぎたコンタクトレンズの装用、コンタクトレンズをしたまま眠ってしまうなどの誤った使用方法によって目が病気になる事で充血してしまう事もあります。

 

流行性角結膜炎

流行性角結膜炎は、流行り目とも呼ばれる目の病気で、結膜炎と角膜炎の症状が両方同時に現れるのが特徴です。
目の充血と共に目やにが出たりまぶたが腫れたりといった症状が現れます。
流行性角結膜炎は、ウイルスによって感染する病気なので、目が充血している人の近くに行くと伝染ってしまう事もあります。

 

外部からの刺激

目の血管の膨張は、外部からの刺激によっても起こります。
例えば、目を強くこすってしまったり、目にゴミが入ったり、長時間紫外線を浴びたりした時にも目が充血します。
他に、プールで泳いだ後、消毒用塩素の刺激によって充血することもあります。

 

その他の原因として老眼については、老眼回復予防ラボが参考になります。

 

目の充血の症状が起こりうる眼の病気とは?

目が充血したとしても、あまり深く考えずに放置してしまう人が多いのではないでしょうか。
多くの場合はそのまま放置しておいても問題がないのですが、目が病気になっているために充血が起こることもあるのです。
目の充血が起こりうる目の病気にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

急性出血性結膜炎

ウイルスによる感染症で、いきなり白目が真っ赤になってしまうのが急性出血性結膜炎です。
充血の他に目やにや痒み、目の痛み、耳の前のリンパの腫れ、眩しく感じるなどの症状があります。
発病してから一週間程度で治癒する事が多い病気です。

 

淋菌性結膜炎

淋菌性結膜炎は膿漏眼とも言い、目に感染する性病の一種です。
淋病の原因となる淋菌が目に入ってしまう事で感染します。
淋病患者との性行為や淋菌が付いた手やタオルで目をこすったり、顔を拭いたりしても感染する可能性があります。
目の充血以外にもまぶたが腫れたり大量の濃い目やにが出たり、目が痛んだりといった症状があります。

 

急性閉塞隅角緑内障

眼球を充たす房水という体液があります。
眼圧を保ち、角膜や水晶体に栄養を補給するという働きも持っている体液で、毛様体で作られシュレム管などを通って目の外に排出されますが、この排出口にあたる隅角という部分が塞がり、房水が排出されないために眼圧が急上昇する事で起こる病気です。
充血だけでなく激しい目の痛みや頭痛、腹痛、嘔吐といった症状が現れます。
対処が送れると失明してしまう恐れもある病気なので、早めに眼科を受診しましょう。

 

角膜ヘルペス

ヘルペスとはウイルス感染によって起こる病気で、そのヘルペスが角膜に出来てしまうのが角膜ヘルペスです。
角膜深層に円錐状の混濁が見られるのが特徴で、目が充血するほか目にゴロゴロするような異物感を感じることがあります。
再発することが多く、根気よく治療を行う必要があります。
自覚症状はあまりないのですが、放っておくと症状が進行し失明してしまう危険性もあります。

目の充血の治し方7選

ここからは、目の充血の治し方を7つ、まとめたのでご紹介します。

目を休める

スマートフォンやパソコンを長時間使う習慣がある人は、目を休めるだけでも充血が治ることがあります。特に、これらの機器を使用する時はまばたきの回数が減ってしまいがちになるので、意識してまばたきをするようにするのも効果があります。仕事などで使用しなくてはいけない方は、使わないようにするわけにはいかないので、まばたきだけでも注意して行うようにしましょう。1時間パソコンを使用したら5分間目を休めるなどの対策を行ると、目が充血するのを防ぐことが出来ます。

 

目の緊張を和らげる

近くの物ばかりを見ていると、毛様体筋が常に緊張した状態になってしまいます。そういった事が原因で毛細血管が膨張して目が充血してしまう事もあるので、目の緊張を和らげることも充血を治すのに効果的です。具体的には、一定時間ごとに遠くを見るようにしたり、瞳を上下左右に動かしたりする事で目の緊張を和らげることが出来ます。他に、目に良いエクササイズとして、20分おきに6m(20フィート)程度離れたところにある物を20秒見つめながら20回連続でまばたきをするという20-20-20-20という目の疲れを取る効果のあるものがありますから一度試してみてください。

 

目薬を差す

目薬

目の充血を治す簡単な方法として、目薬を差すという方法もあります。目薬には目の炎症を抑える効果のある成分が入っているものが多いので、目の炎症によって起こった充血は数分間程度で治すことが出来ます。特に、充血を解消する効果がある目薬として売られているものがありますから、よく目が充血する人はそういった商品を薬局で探して常備しておくのもいいでしょう。

 

目を冷やす

目の充血は、白目を覆っている結膜の下にある毛細血管が膨張する事で起きるものです。ですから、膨張した血管を収縮させることが出来れば目の充血を治すことが出来ます。そのためには、目を冷やすということが効果的なのです。濡れタオルや氷水などを使って目を冷やせば、充血を抑えることが出来ます。

 

目の乾きを潤す

目の充血が起こる原因には様々なものがあります。その中の一つに、目の乾燥があります。そのような場合は、乾燥した目を潤すようにしましょう。目薬やまばたきも目を潤す効果がありますが、意外と気が付かないのが部屋の乾燥です。部屋が乾燥していると、目も乾燥してしまうのです。それだけ目というのは、デリケートなものなのです。ですから、部屋を加湿する事で目の充血を治すことが出来る場合もあるのです。特に、ドライアイの症状で苦しんでいる人などは目を乾燥させないように注意しましょう。

 

コンタクトレンズを正しく使用する

コンタクトレンズ

コンタクトレンズを使用していると、目が充血しやすくなります。普通に使っていても目が乾燥しやすくなるので、充血を引き起こす事が多いのですが、決められた時間を超えての連続装用や、コンタクトレンズの汚れを放置していたり、汚れた手で目をこすったりといった誤った使用を続けていると眼病になってしまう可能性もあります。コンタクトレンズを使用している人は、その使用方法やケアに気を付けるようにしてください。

 

目に良いサプリを飲む

目を酷使する事の多い現代人のために、瞳の健康をサポートしてくれるサプリメントもたくさん発売されています。
アスタキサンチン・ルテイン・ゼアキサンチンといった眼精疲労や目の充血に効果のある成分が入ったサプリを利用しましょう。

 

おすすめサプリは「めなり」

めなり

その中でも、めなりと言うサプリメントは目の充血にも効果があります。

めなりはどうして目の充血に良いのかご説明しましょう。

 

私たちの目はつねに光のダメージにさらされている

現代の生活では、テレビやパソコン、スマートフォンなどは欠かせないものになっています。
また、携帯ゲーム機などで遊ぶ人も多いでしょう。
それに、紫外線も目に多大なダメージを与えます。
特に、パソコンやスマートフォンから発せられる光はブルーライトと言って非常に強いエネルギーを持っているので目を疲れさせる元凶となっているのです。
目が疲れると瞳の毛細血管が膨張し、充血してしまいます。
めなりはこの目の疲れを改善するサプリメントです。

 

めなりが充血に効果的な理由

瞳の健康に大きな働きをするアスタキサンチンというポリフェノールがあります。
ブルーベリーが目にいいという話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
これは、ブルーベリーに多量のアスタキサンチンが含まれているからです。
めなりには、ブルーベリーよりもさらに多くのアスタキサンチンが含まれているビルベリーが、業界トップクラスの170rも配合されています。
さらに、ルティンやゼアキサンチンといった瞳を有害な光から守ってくれる成分も含まれていますし、βカロテンやビタミン、ミネラルといった成分も含まれています。
ビルベリーは業界トップクラスの170mg配合、ルテイン・ゼアキサンチンは推薦摂取量を配合し、非常に優れた成分配合なのでおすすめです。

さいごに〜数日経っても治らなかったら病院へ!〜

これらの対策を施しても、目の充血が治らない場合は眼病の可能性もあります。
通常の目の充血は一時的な原因の物が多く、時間が経ったり一晩眠ったりすれば自然に治癒するものです。
ですが、充血がどうしてもひかない場合には、眼病の可能性を考えた方がいいでしょう。
たかが目の充血と思うかもしれませんが、放っておくと失明してしまう眼病にかかっている場合もあるのです。
それらの眼病の中には、処置が少し遅れただけで失明などの重大な結果を引き起こしてしまうものもあります。
2〜3日充血が収まらないような時には、眼科を受診するようにしましょう。

 

目の充血についの悩みについて詳しく知りたい方は、メニューから各記事もご覧くださいね。