目の充血|充血と一緒に目やにが出る時の原因・病気は?

目の病気にはいろいろなものがあり、その症状も様々です。
その中で、目やにについてはあまり深く考えられないのではないでしょうか。
確かに、ただの代謝物として目やにが出る場合もありますが、病気の症状である場合もあるのです。
ここでは、目が充血して目やにも出る場合の病気についてご説明します。

 

結膜炎

目が充血して目やにが出る病気の代表的な病気が結膜炎です。
結膜は白目からまぶたの裏側を覆う半透明の膜ですが、これが炎症を起こしたものが結膜炎です。
充血や目やにの他、涙が出たりまぶたが腫れたりすることもあります。
特にはやり目と言われるウイルス性結膜炎では大量の目やにが出て、朝、目が開かないほどになることもあります。
その他、まぶたの裏側にブツブツが出来てかゆみやゴロゴロした感じ、眩しさなどを感じる事もあるのが特徴です。

 

結膜炎の原因

結膜炎は、細菌やウイルスの感染、アレルギーなどによって起こります。
その原因としては、色々なものが考えられます。
意外なところでは疲れやストレスがあります。
これらは直接目の病気につながる物ではありませんが、体全体の抵抗力を弱めてしまうためウイルスや細菌が体に侵入しやすくなってしまうのです。
また、結膜炎が子供たちの間で大流行する原因としてプールが挙げられます。
ウイルス性結膜炎に感染した子供がプールに入る事でその水にウイルスが溶け込み、大勢の子供に感染してしまうのです。
他に、コンタクトレンズも結膜炎の原因になります。
特に汚れを放置しておいたりすると、結膜が炎症を起こしやすくなるのです。
目に直接触れるコンタクトレンズは、常に清潔に保ちましょう。

 

その他の病気

結膜炎以外に充血と目やにがある病気には、ドライアイやものもらいなどがあります。
ドライアイはその名の通り、目に涙が不足して目が乾燥してしまう病気です。
物がかすんで見えたり、目がゴロゴロしたりします。
ものもらいはまぶたに黄色ブドウ球菌などが感染しておこる病気で、まぶたの一部が赤く腫れ、まばたきをすると痛みがあります。